1. ビズリーチ・ウーマン
  2.  > 株式会社ラクスル

株式会社ラクスル

  1. ビズリーチ・ウーマン
  2. > ベンチャー企業特集
  3. > ラクスル

キーパーソンインタビュー

イベント「ベンチャーガールズトークセッション」の登壇者、もしくは登壇する会社で活躍する若手女性へのインタビューです。仕事と家庭を両立させ人生を楽しむ彼女たちに、これまでのキャリアやベンチャーを選んだ理由、仕事のやりがいなどを伺いました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
毎日が楽しい!好奇心で突き進もう!

毎日が楽しい!
好奇心で突き進もう!

ラクスルで、やりたいことに思いっきり挑戦しています

菅野 彩子 マーケティング部
広報・PRグループ

ラクスル

株式会社ラクスル

企業概要

ラクスルは、印刷という旧態依然とした業界にインターネットを用いて新しい仕組みをつくり、ビジネス習慣を刷新し、中小企業の経営をより良くすることを目指した事業を展開しています。例えば、印刷機を持たない印刷のeコマース事業、折り込みチラシのオンライン化など、以前からある設備・仕組みにインターネットを掛け合わせることで新たなサービスを作り出しました。ラクスルはインターネットで新たな需要創出を行い、日本経済活性化の一翼を担います。

キーパーソン インタビュー

ラクスルで広報として働く菅野さんに、自身のこれまでのキャリアや、ベンチャー企業を選択するに至った気持ちの遷移、そして現在の仕事のやりがいについてお話を伺いました。

ソフトバンクへ新卒入社。孫正義氏との出会い

菅野:大学を卒業後はソフトバンクに入社し、持株会社の法務部に配属されました。当時ソフトバンクはボーダフォンを買収し、これから一気に成長するというタイミングで、法務部では国内外企業の買収やジョイントベンチャーのためのリーガルチェック、契約書の作成などを行っていました。新人だったので仕事は分からないことばかりでしたが、課題を解決していくのは楽しかったですし、契約書の作成以外にも海外出張や弁護士の方との会議に出席するなど、充実した日々を過ごしていましたね。孫正義社長とのミーティングに同席する機会も多く、巨大な規模にもかかわらず、ものすごいスピードで変化し成長する組織をリアルに感じられ、刺激を受けました。

好奇心のおもむくまま、未経験のファッションPR業界へ

インタビューに答える菅野氏、「好奇心のおもむくまま、未経験のファッションPR業界へ」

菅野:ソフトバンクに入社して3年目に差し掛かるころ、インターネット上でラグジュアリーブランドPR会社の求人を見つけました。ファッションPRという華やかな世界にひかれ、好奇心のおもむくまま飛び込むことに。そこでは、雑誌の編集者さんやスタイリストさんに最新の洋服やジュエリーを貸し出し、それを撮影に使用していただいてメディア露出するという仕事を担当。パリコレクションに参加したり、モデルや芸能人の方々にジュエリーを身につけていただいたりと、忙しくもきらびやかな毎日を送っていました。

仕事は楽しかったのですが、徐々に「雑誌を作る側になりたい」「自分が消費者に対して情報を発信したい」と思うようになり、ファッションメディア事業を展開する出版社への転職を決めました。未経験でしたが、ジュエリー&ウォッチ専門の記者として国内外のジュエリーブランドを取材し、撮影から執筆、掲載までの全てを担当。自分の記事がネットや誌面を通してたくさんの人に読まれていることに、大きなやりがいを感じましたね。

しかし29歳になったころ、「やりたいことを仕事にしてきたけれど、私は結局何がしたいのだろう」と、初めて自分のキャリアを振り返り、将来について真剣に考えるようになりました。たどり着いた結論は「この先もずっと働き続けたい。であれば、何かひとつプロフェッショナルといえるキャリアを築くべきだ」ということ。その結果、記者としてキャリアを続けるのではなく、企業の広報としてキャリアを磨きたいと思い、転職活動を始めることにしたのです。

杞憂を捨てて、その時々に最良の選択を

インタビューに答える菅野氏、「杞憂を捨てて、その時々に最良の選択を」

菅野:PR会社やメディアの経験はあっても「事業会社の広報」は経験がないと気づいた私は、その道に進むことを決めました。悩んだのは「安定した大手」と「変化の多いベンチャー」のどちらを選択するか。ちょうど、ベンチャー企業を立ち上げた夫との結婚が決まったタイミングでもあったので、「夫がベンチャー企業を経営しているから私は安定した大手にした方がいいのかな」と悩みましたね。

そんなとき、FacebookのCOOシェリル・サンドバーグ氏の、管理職に就きたい女性に向けたメッセージに触れる機会がありました。それは、結婚・妊娠・出産を控えた女性がキャリアにブレーキを踏んでしまうことに対して言った、「起きていないことに対して、不安がってブレーキをかけながら進むのではなく、実際にその時(休まなければいけないとき)が来るまではアクセルを踏み続けて」というメッセージ。この言葉に感化され、自分で裁量を持って仕事ができ、成長できる場はベンチャー企業であると確信したのです。

そうして、「ITの技術を使って中小企業にとっての新しいマーケティング支援会社となり、日本を変えていく」というビジョンに深く共感したラクスルへの入社を決めました。

新しいことに挑戦でき、その成果をダイレクトに実感!

インタビューに答える菅野氏、「新しいことに挑戦でき、その成果をダイレクトに実感!」

菅野:PR会社で働いていたときは、自分たちの商品が雑誌に掲載されても、消費者がその記事を見て商品を買ったのかどうかという効果が分からず、手掛ける仕事が誰かのためになっている実感があまりありませんでした。一方ラクスルでは、自分たちが仕掛けた施策に対する反応がダイレクトに返ってくるので、とても新鮮で楽しいです。自分たちのサービスをどう成長させていくかを他部署の人たちと考え、広報という立場から意見を言うなど、これまでにない経験も積んでいます。

また、ラクスルは一人ひとりの裁量が大きく、「ないものは自分たちで作ってしまえばいい!」という気楽さとアグレッシブさのある会社です。女性が働きやすい環境を整えるための制度なども柔軟に作っていけるので、自分たちで組織をつくっている実感を得られます。会社を良くしようという意識をみんなが持っているのが良いですね。それに、ベンチャー企業には「帰りは終電」というイメージがありますが、基本的には19時には帰れるので、家事をする時間や夫と過ごす時間を保てています。会社全体でも、やることが終わったら早く帰ろうという雰囲気があり、早く帰りやすいです。

現在、専属広報は私だけですが、企業広報の経験・知識があるCMOと共に、入社してすぐにテレビ番組やCMの撮影に立ち会うなど、忙しくも刺激あふれる日々を過ごしています。最近では、他のベンチャー企業の広報の方と勉強会でつながって新しい取り組みを企画することもあり、柔軟かつスピーディーに、さまざまなことにチャレンジできるのはベンチャー企業ならではの良さだと感じています。

同じ働くなら、やりたいことに思いっきり挑戦すべき

インタビューに答える菅野氏、「同じ働くなら、やりたいことに思いっきり挑戦すべき」

菅野:どうせ働くなら、自分のやりたいことに挑戦できたり、裁量が大きかったり、会社の業績に貢献していると実感できる仕事に就くほうがいい。ベンチャー企業という選択をしたことで、私は今とても楽しく刺激的な毎日を過ごせていますし、短期間で大きくスキルアップしていることを実感しています。女性のキャリアはライフイベントに大きく左右されるので、出産でいったん休んだ後も、復帰してキャリアを続けたいと考えるのなら、スキルを早く磨ける環境に身を置くことをおすすめしたいですね。

私はこれまで、好奇心のおもむくままに転職を重ねてきましたが、転職するたびに幸せになっていると感じています。今後は広報のプロフェッショナルになり、ラクスルを世の中に発信し続けることはもちろん、プライベートも充実させ、より豊かで幸せな人生を歩んでいきたいと考えています。

菅野 彩子氏プロフィール
菅野 彩子
マーケティング部 広報・PRグループ

2007年に慶應義塾大学法学部政治学科を卒業後、ソフトバンク株式会社に入社し法務業を担う。その後、ファッションブランド専門のPR会社、株式会社ステディ スタディにてChloe、Dior fine jewelry、Dior watchesなどのPR、株式会社INFASパブリケーションズにて、PRで培った経験を活かしてファッション週刊紙「WWDジャパン」の記者を経験。2014年5月にラクスル株式会社へ入社。現在は企業広報という新たなフィールドで活躍中。

現在募集中の職種

本記事でご紹介する求人は、ビズリーチ・ウーマン会員様はどなたでもご応募可能です。
プレミアムステージのアップグレード有無は問いません。

  • 【印刷×ITで世の中の仕組みを変えていく】Webデザイナー
    「ラクスルの全サイトデザイン及びHTMLテンプレートとSCSS・CSSのコーディングを担当いただきます。 様々な環境での閲覧を柔軟にサポートできるよう、レスポンシブ・ウェブデザインにおいてSCSSやPJAXなどの最新技術を活かせます」

    詳細を見る

  • 【印刷×ITで世の中の仕組みを変えていく】Webエンジニア
    「ラクスルのウェブシステム開発を主軸とする、様々なサービス開発に携わっていただきます。ディレクターとのスモールチームの中で、印刷EC事業を主軸とした他社とのシステム共同開発や自社の新規事業開発等を行います」

    詳細を見る

  • 【印刷×ITで世の中の仕組みを変えていく】Webディレクター
    「ラクスルの印刷EC事業を主軸としたウェブサービスのグロースを主軸とする、様々なサービス企画や運用に携わっていただきます。エンジニアとのスモールチームの中で、企画立案、ディレクション、運用を行います」

    詳細を見る

関連する記事